verse
Meguro,TOKYO
2010

DATA
Site area / 252.35㎡
Building area / 204.67㎡
Total floor / 1629.78㎡
Structure / SRC structure
Main use / apartment,shop
Photo / 鳥村鋼一

交通量の多い幹線道路沿いにある小さな敷地に、スタジオ型住戸を中心とした集合住宅の計画を依頼された。敷地は3方が道路に面していて採光や通風が確保しやすいため、センターコア方式の平面構成を採用し、4つの角部屋住戸を配置した。そして、隣地建物の影響で1面採光となる東側住戸は1.5 層の階高とし、自然光に満たされた開放的な住戸とした。これらの住戸はテラスを含めると4 つの床レベルによって構成されている。天井の低いスペースは法的には収納として位置付けられるが、多様な使い方が可能であり、空間的な広がりや抑揚を生み出す。このような階高が異なる住戸を混在させるために、東側住戸のフレーム3 層を1 単位とするスーパーフレームとして計画した。

A housing project in Tokyo consists of studio apartments on a site adjacent to a busy avenue. In order to maximize Day Light and Natural Ventilation for each living unit, 4 corner units were arranged around central vertical circulation core as the site faces streets on 3 sides. 1.5 times height ceiling is applied for the units facing the neighboring building in order to provide brighter interior. Various spatial configurations are defined by 4 stepped floor levels including outdoor terrace within 1 unit. Low ceiling space is legally recognized as storage but offers multiple uses and adds fluid spatial quality to its living quarter. Multi-layered spatial units are combined to organize this super-framed housing complex.