Killer Building / キラービル
Shibuya,TOKYO
2006

DATA
Site area / 259.81㎡
Building area / 218.14㎡
Total floor / 970.19㎡
Structure / S structure
Main use / office,shop
Photo / ナカサアンドパートナーズ

敷地のある外苑西通り(通称キラー通り)は、なだらかな高低差やカーブがあり、車で走ると気持ちの良い通りなのだが、歩くと以外に楽しくない。その理由は歩道の狭さやガードレールの圧迫感などにも起因するだろうが、隙間なく道路際に建ち並ぶ建物がストイックで閉じた印象をもつせいか、若しくは、建物の中で営まれているアクティビティと歩行空間があまりにも近接していて、不可侵協定のような見えないバリアが存在しているからかもしれない。 キラービルの最大の特徴は3階から5階の中間層に設置したバルコニーである。外観上は、コールテン鋼パネルを装った黒い帯の間にウィンドウとバルコニーがヒエラルキーなく交互に現れている。このバルコニーはとても曖昧な位置付けとなっている。まず、区分上は共用部で、賃貸部分には含まれないが、各フロアからのアクセス階段によって専用使用できる。中間層にあるので、床には属さないし、インナーバルコニーなので都市にも属さない。つまり、内にも外にも属さない中間領域となっている。バルコニーの軒天に貼ったステンレス鏡面パネルによって、内部からは道路の人の動きや車の流れを、外からは内部のアクティビティを意識させる。内部と街の積極的な関係を築くバルコニーは、使い手と通りを移動する人々に「どのように使うのだろう」と、想像力を強く働きかける。この前向きな相関性が良好な都市のイメージを誘導してほしいと考えている。

The feature of the building is the balcony located in the interlayer from the 3rd to the 5th floor. Glass window and balcony void appear alternately in between black belts of weathering steel panel. The balcony doesn't belong to the inside floor, because of its location in the interlayer of the floors. It doesn't belong to outside, because it doesn't hang out from the form of the building. The balcony is in an ambiguous placement where it doesn't belong to neither inside nor outside. Looking from inside, cars flowing and people walking on the street appear on the stainless mirror panel ceiling. Looking from outside, inside activities are reflected. This balcony provides a positive relation between inside and the street, and gives strong imaginations to people on how to use it. It is thought that this positive correlation induces the favorable image of the city.