KAKINOKIZAKA Apartment / 柿の木坂の集合住宅
Meguro,TOKYO
2007

DATA
Site area / 676.05㎡
Building area / 442.96㎡
Total floor / 2832.24㎡
Structure / RC structure
Main use / apartment
Photo / 鳥村鋼一

敷地は交通量の多い環状7号線沿いにあり、茫洋としたロードサイドの風景が続いている。その一方で敷地の背後には穏やかな谷状の地形にインティメートな住宅地が広がっており、この対極的な環境を持つ場所に、単身者向けのいわゆるワンルームマンションを計画することが求められた。各住戸は、眺望というよりは座位中心の視線が空へと抜ける、空を共有する居住空間をイメージした。まず、ロードサイドのエッジとして道路沿いに壁状のヴォリュームを立ち上げて住戸を配置した。16 mの間口いっぱいに設けた横連窓は道路側の外観も大きく特徴付けていて、車のスピードに対抗するスケールを、横連窓を積層した強い輪郭と深い陰影のあるファサードでつくり出している。住宅地側は住戸ユニットを単位とする端正なグリッドフレームで構成して周辺のスケールを連続するように配置した。住戸はインフレーム逆梁構法の採用により、内部から梁型とバルコニーのスラブが消えて空が広がり、奥隅まで自然光が届く。また、セカンドルームに見立てたバルコニーは床からスキップしているので什器を配置しても採光と開放性を妨げず、平面と住まい方の自由度を高めている。上階の住戸は中央に光庭を配置して回遊性をつくり、多方面採光と通風に配慮した。壁状のヴォリュームが道路の騒音を遮り、外部に対して親和的で大らかな居住空間としている。

The site is along an arterial road with a lot of traffic. It was requested to design a studio apartment for single household. In this housing complex, each residence unit is designed to share the sky. A glance from the sitting level is imaged more than standing view from the room. On the road side of the room, there is a full-length 16-meters-long horizontal window, and the shallow room becomes as bright as outside. Moreover, the window is designed as a bay window. Due to this, the noisy street down below is lost to sight from inside, and the room is opened and integrated into the panoramic scenery of the city. On the western side of the housing complex, the structural frame is setback to the inside of the balcony and the reverse-beam structure method is adapted. The above balcony slab and the beam structure disappear and only the sky spreads out from the inside view. On the top level of the complex, the residence unit is designed with a patio filled with natural daylight at the center. They are arranged in considerations to natural daylight and ventilation from multi directions. Various rooms were arranged surrounding the center patio.