rim
Shibuya,TOKYO
2007

DATA
Site area / 563.53㎡
Building area / 244.32㎡
Total floor / 1972.99㎡
Structure / RC structure
Main use / apartment
Photo / 鳥村鋼一

中低層の住宅がびっしりと建ち並んだ高密度な街のに建つ集合住宅である。求められた高容積を計画するとどうしても高層建物になってしまうため、できるだけコンパクトな平面形状にして周囲への日影の影響を抑えると共に、残された空地によって連続した周辺環境を保ちたいと考え、五角系の塔状ボリュームを採用した。この五角形平面は隣接地から適度な距離感を確保できるので、すべてが角部屋となるように5つの住戸を環状に配置した。放射状に伸びるスター型の構造コアに共用部と主な水廻りを設けることで、全方位に平等に開くことを可能にしている。外周部はランダムな袖壁付き格子リブフレームによるチューブ構造として、住戸ごとに3カ所の窓を設けた。また、リブフレームはベンチやテーブル、収納などの利用を想定している。ひとつひとつの窓辺と生活の振る舞いとの関わりを考察し、その集合として全体性のスタディを重ねていくうちに、住戸という単位が外観から希薄になり、いろいろなサイズの窓だけが現れるようになっていった。それは、居住者の生活全体をひとつの単位とした集合のあり方ではなく、街並みを眺めたり、食事をしたり、お気に入りのものを飾るなどの生活の部分を単位とした集合である。窓辺に現れる多様な個人性の集積が、街の情景の豊かさを支えるのではないだろうか。

This is a housing complex which stands on a high density residential quarter. It is a pentagonal shaped tower, and the floor plan is made compact as possible. The shape is adopted to suppress the influence of shadows on surrounding houses, and keep continuity with ambient surroundings by the remaining unoccupied site area. The rooms are opened equally to all azimuths, by installing common area, kitchen and sanitary unit inside the radially arranged structure core. The tube structure with lattice rib frame is adapted to the perimeter wall of the building, and the horizontal rib frames inside the rooms are assumed for the uses of benches, tables, cabinets and etc. In this residence, it is intended to create freeness and openness, where one can fi nd happiness of living by taking in many scenes of this dense city through different windows, and search for comfortable place, co-responding to the surrounding environment. And it is thought that accumulation of various daily conducts decorates the richness of attractive city scenery in return.